二日酔い防止には水素水を飲むと効果的

水素水とアルコールによる二日酔い|水素水対策

 

アルコールは適度な量なら身体にとってリラックス効果をもたらしてくれますが、大量に摂取してしまうともちろん身体にとっては「毒」になります。

 

大量飲酒はだるさや吐き気、頭痛などの原因となります。

 

水素の効果を感じやすいのが二日酔いと言われています。

 

以前職場の飲み会があった際、帰宅後に水素水を飲んだことがあるのですが翌日の身体のだるさなどがかなり軽減され、いつもの飲み会の翌日よりも楽だったのを覚えています。

 

二日酔い防止にはお酒を飲んだ後と翌日に水素水を飲むと良いといわれています。

 

アルコールによって引き起こされる「二日酔い」はどのようなメカニズムで起きているのでしょうか。

 

アルコールによる二日酔いの症状

 

アルコールを摂取すると利尿作用や発汗作用により脱水症状を起こします。
利尿作用が起こる原因は、アルコールが血液中の抗利尿ホルモンの分泌を抑制するためです。

 

飲酒すると水分補給しているような気になりますが、実際には飲酒することで飲酒の水分量以上の水分が身体から出て行ってしまうのです。

 

特にビールは利尿作用が強くなる原因であるカリウムを含んでいるため、他のお酒に比べて利尿作用が強く出てしまいます。

 

脱水症状はだるさや頭痛の原因になります。ですのでアルコールを飲んだ後には水分補給が大切になります。

 

また、アルコールには血管を拡張する働きがあります。

 

アルコールだけでなく、アルコール摂取により体内で発生するアセトアルデヒドや酢酸にも血管拡張作用があり、 これらが原因となって頭痛を引き起こしてしまいます。

 

アルコールを分解するために活性酸素が発生

 

アルコールを摂取すると肝臓の働きが忙しくなり、大量の活性酸素を発生させてしまいます。

 

アルコールを摂取すると体内で消化酵素により分解(アルコール→エタノール)され、最終的に肝臓にたどり着きます。

 

肝臓ではエタノールが酵素によって「酸化」し、有害物質「アセトアルデヒド」に分解されます。

 

そしてアセトアルデヒドが大量に発生してしまうと酵素で分解しきれず、アセトアルデヒドは血管を巡って身体のあちこちを「酸化」させてしまいます。

 

また、アセトアルデヒドはタンパク質と結びついて「糖化」を起こして悪玉活性酸素を発生させたり、「炎症」の原因となるサイトカインも活発化してしまいます。

 

これらの負の連鎖を断ち切るために水素の悪玉活性酸素除去能力が一役買ってくれます。

 

水素水による水分補給と悪玉活性酸素除去のダブルパワーで二日酔いの症状が軽減されると考えられるのです。

 

 

私は普段お酒を飲む回数は少なく量も少ないのですが、仕事上の付き合いでたくさん飲んでしまうこともあります。

 

そんな時にはいつもより多めに水素水を飲んで二日酔い防止に役立てています。