水素の悪玉活性酸素除去能力

水素の悪玉活性酸素除去能力とは|水素水ガイド

 

現在、水素の作用として明らかになっているのは「悪玉活性酸素を除去する」ということです。

 

「釘(くぎ)」で例えるなら「錆(サビ)止め」のようなものですね。私たちの身体の老化の最大の原因である酸化(錆)を防いでくれる役割を果たしてくれます。

 

皮膚トラブル、冷え、不眠症、アレルギー、メタボ、糖尿病、パーキンソン病、心筋梗塞、脳梗塞、がんの放射線治療の軽減など、挙げればキリがない程あらゆる病気や症状の予防や改善を目的として水素の実験が行われたり、医療機関で水素治療が行われたりしています。
(病気の90%は活性酸素が原因と言われています)

 

実際に大学で水素の臨床実験が行われ水素の効果についての論文が発表されたり、医療機関では「水素治療」として水素の点滴、服用、外用、注射などにより様々な症状に改善効果が出ています。

 

この悪玉活性酸素とはどういうものなのでしょうか。

 

活性酸素とはなんなのか

 

最近よく耳にするようになった「活性酸素」ですが、活性酸素というのは物質名ではなく、何種類かの物質を合わせた総称です。
(スーパーオキシドラジカル・過酸化水素・一重項酸素・ヒドロキシルラジカルなど)

 

細胞の中には「ミトコンドリア」という小器官があるのですが、このミトコンドリアは私たちの身体のエネルギーを作り出してくれたり代謝を行ってくれる大切な役割を果たしてくれます。

 

ところがこのミトコンドリアがエネルギーを作り出す際に副産物として活性酸素が生まれてしまうのです。

 

活性酸素と聞くと「がんになる原因なんじゃないの?」などと身体に害になるという悪いイメージがありますよね。

 

ですが活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。


 

善玉活性酸素と呼ばれるのは「スーパオキシド」と「過酸化水素」、悪玉活性酸素と呼ばれるのは「一重項酸素」と「ヒドロキシルラジカル」です。

 

善玉活性酸素は身体に入った異物(ウイルスなど)をやっつけてくれたり、身体にとって良い働きをしてくれる大切な存在なのです。

 

ところが善玉活性酸素は電子を吸収し続けるとやがて善玉活性酸素から悪玉活性酸素に変化してしまいます。

 

悪玉活性酸素の「ヒドロキシルラジカル」になると善玉活性酸素の100倍以上もの酸化力があります。

 

この悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルが過剰発生してしまうことでがんなどの深刻な病気を招く可能性があるのです。

 

活性酸素を発生させる原因

私たちの身体の中では日々活性酸素が発生しています。

 

ですが、適度な活性酸素(善玉活性酸素)であれば私たちの身体にとって良い作用をもたらしてくれるということでしたね。

 

では、活性酸素が過剰発生してしまう原因は何なのでしょうか。

 

活性酸素は主に次のような原因により過剰発生してしまう可能性があります。

 

強いストレス
食事(暴飲暴食や早食い)
激しい運動をした時
血流停止した時
タバコ・アルコール
強い紫外線
ダイオキシン・PM2.5・排気ガスなど

 

特にストレスは活性酸素を大量に発生させてしまいます。

 

水素以外の抗酸化物質の副作用

水素以外にも悪玉活性酸素を除去してくれる抗酸化物質はあります。

 

ですが水素以外の抗酸化物質(ビタミンC、E、カテキン、カロテンなど)は悪玉活性酸素だけでなく、身体にとって良い働きをしてくれる善玉活性酸素まで除去してしまうというデメリット(副作用)があります。

 

一方で水素は善玉活性酸素は攻撃せず悪玉活性酸素にのみ反応して結びつき水に還元してくれるので副作用がありません。

 

また、他の抗酸化物質は細胞の奥まで入っていけないというデメリットもあります。

 

私たちの身体は1つ1つの細胞からできていますが、細胞は細胞膜に包まれており、その中に細胞質、細胞核、ミトコンドリアなどがあります。

 

細胞膜は脂溶性で細胞質は水溶性です。

 

 

 

例えばビタミンCなどの水溶性の物質は脂溶性の細胞膜を通過できず、ビタミンEなどの脂溶性の物質は細胞膜を通過することはできますが水溶性の細胞質にまで入り込むことはできないのです。

 

ですが水素はとても小さな気体分子(水素ガス)で細胞の中にまで簡単に入り込むことができるので細胞レベルで私たちの身体を元気にしてくれるのです。

 

では、そもそも水素とはどういった物質なのでしょうか?

 

                →そもそも水素とは