酸化還元電位の数値について説明

水素水の酸化還元電位とは|水素水ガイド

水素水の商品で「酸化還元電位(ORP)」を公表している会社があります。

 

酸化還元電位(ORP)とは、溶液中の酸化還元状態を表す数値(単位:mV)のことです。
例えば水素水なら、水中の酸化力を持った「酸化体」と、還元力を持った「還元体」のどちらの力が強いのかを数値で示したものです。

 

水中の酸化力が強ければ+(プラス)になり、還元力が強ければ−(マイナス)になります。

 

酸化還元電位というのは水素濃度とは別物ですので
「酸化還元電位が低い=水素濃度が高い」ということではありません

 

酸化還元電位というのは水素以外の物質でも低くなります。
また、水中に溶けている酸素の量を減らす事で相対的に酸化還元電位もマイナスになります。
例えば水道水を浄水器に通した水は酸化還元電位が200ml〜300ml以上マイナスになるのです。

 

ですので、水素水を選ぶ上で酸化還元電位を参考にするのは良いですが極端に数値を気にする必要はありません。

 

水の種類ごとの酸化還元電位の平均的な値は下記の通りです。

 

雨水・・・+800mV前後

 

水道水・・・+400mV〜+600mV前後

 

純水・・・+200mV前後

 

ミネラルウォーター・・・+100mV〜+200mV前後

 

水素水・・・−400mV〜−600mV

 

水道水は薬品処理などによって酸化力が高くなっているため、そのまま飲むと体を酸化させてしまいます。

 

体液の正常な酸化還元電位は「−(マイナス)250」と言われています。
体内の酸化還元電位が正常であれば病気にかかりにくかったり症状が改善したり、癌の増殖も抑えることが出来ると言われています。

 

ちなみに抗がん剤は酸化還元電位で言うと酸化力がプラス数千もあり強力な酸化力を持っているため、癌細胞を死滅させると同時に体を酸化させてしまいます。
そのため、癌の抗ガン剤治療の副作用の軽減を目指すために水素を用いているクリニックもあります。

 

水素の悪玉活性酸素除去作用水素の力を発揮するためにの記事でも書きましたが、体内の酸化還元電位をマイナスに近づけるには、体を酸化させる原因である悪玉活性酸素が増えてしまう生活習慣を改めたり、水素水を飲むなどして水素を体に取り入れることが大切になります。

 

 

腸内環境を整えれば腸内でも水素が発生して体を健康な状態に保ってくれます。
還元電位の低い食べ物や飲み物を積極的に摂り、腸内環境を整えることで腸内で水素をたくさん発生させて還元力の高い体を目指したいですね。