スパキヨラビのレビュー水素入浴剤比較

スパキヨラビを使った感想|水素入浴剤比較

水素入浴剤「スパキヨラビ」は水素水「キヨラビ」を販売している会社である「KIYORAきくち」の商品です。

 

スパキヨラビの特徴は、入浴剤を2包(2種類の入浴剤をそれぞれ1包ずつ)湯に入れるという点です。

 

商品は無香料無着色タイプの「ナチュラル」と香料の入った「さくらの香り」の2種類があるのですが、今回は「さくらの香り」の方を購入してみました。

 

身体の冷えが特に気になる人は「さくら」、無香料無着色にこだわりたい人は「ナチュラル」がオススメです。

 

スパキヨラビのレビュー

 

 

下の画像が「さくら」です。こんな感じで2箱に分かれていて、それぞれの箱に入っている入浴剤を1包ずつ浴槽に入れます。

 

こんな感じの個包装です。(各箱に8包ずつ入っています)

 

スパキヨラビ1包の水素濃度(水素発生量)はナノ水素水「キヨラビ」200本分。
水素化マグネシウムタイプの入浴剤の特徴は長時間水素を発生させることができるということですが、スパキヨラビも8時間水素を発生し続けます。

 

「さくら」には高麗人参、トウガラシエキス、シリカなどの女性に嬉しい美容成分がたっぷり入っています。

 

こっちは「さくら」の入浴剤。

 

【さくらキヨラビ成分】
硫酸Na、クエン酸、オタネニンジン、グリシン、香料、シリカ、トウキ、チンピ、
ケイ酸AI、ポリソルベート80、BG、赤227、エタノール、トウガラシエキス

 

 

こっちが水素化マグネシウム入浴剤。これは無香料無着色の「ナチュラル」と同じものです。

 

【水素入浴剤成分】
硫酸Na、炭酸水素Na、水素化Mg、イノシトール

 

さくらの入浴剤の色は濃いめのピンク、水素化マグネシウムの入った入浴剤は白色です。
お湯に入れると入浴剤の色はかなり薄くなって透明に近い薄紫色になります。

 

私は基本的に無香料無着色タイプが好きなのですが、たまには気分を変えて香料のある入浴剤も使っています。
スパキヨラビ「さくら」の香りは水素入浴剤の香りの中では一番好きかもしれません。香りがほのかでキツくないし、香り自体が私好みです。

 

自分の好きな香りの入浴剤であれば身体にリラックス効果をもたらしてくれるのでオススメです。