水素水の濃度表示は正しいのか

水素水の濃度表記と実際の水素濃度の差について

水素水を選ぶ基準として価格と同じくらい重要視されているのが「水素濃度」です。

 

水素水のアルミパウチ容器の裏には大抵水素濃度が表記されています。
「充填時〇〇ppm」とか「出荷時〇〇ppm」とかいろいろありますよね。

 

水素は常温常圧下の水に溶ける限界濃度(飽和水素)が「1.6ppm」です。(※「常温」とは25度くらいのことです)

 

たまに1.6ppm以上の水素濃度表記をしているメーカーがありますが、これはどういうことかというと、水素水というのは製造する際に水に圧力をかけたり温度を変化させることで1.6ppm以上の水素を溶かしているのです。

 

では、より高い水素濃度を表示している水素水を選べば身体にとって効果的なのでしょうか?

 

見た目の数字に惑わされない

メーカーによって水素水の製造方法は様々ですが、水素水というのは圧力をかけて水に水素ガスを溶け込ませて作られています。
ですので、どのメーカーでも「製造時」には1.6ppm以上の水素濃度を実現出来ていることが多いです。

 

ですが、加圧して水に溶け込ませた水素は少しずつ抜けていきます。
充填時には飽和水素濃度1.6ppm辺りまで下がってしまうことがほとんどです。

 

さらに圧力をかけて溶け込ませた水素水は、アルミパウチのキャップを開栓して常圧下におかれることで水素が徐々に抜けてしまいます。
水素濃度を維持するというのは非常に難しいことなのです。

 

出荷されて実際に私たちが飲む頃には1.6ppm以下になってしまいます。

 

「充填時」「出荷時」などメーカーによって色々な表記の仕方がありますが、濃度重視で水素水を選ぶなら見た目の数字だけに惑わされずに自分でしっかり違いを知っておくことが大切です。

 

水素濃度を比較してみて感じたこと

私は今まで色々なメーカーのアルミパウチ水素水の水素濃度を測定してきましたが、表記されている数値より低い測定結果になる場合もありました。
特に「充填時」の濃度を大きく書かれてあるものはいかにも濃度が高そうに見えますが、あくまでも充填時の濃度で実際に飲む時には濃度が下がってしまいます。

 

私が測定した各商品の濃度の差は最大で「0.6ppm」くらいです。

 

あくまでも濃度にこだわりたい人は一番高い濃度の水素水を選ぶことをオススメしますが、目安である0.8ppm以上をクリアしていればどの水素水でも良い、という人は自分の好みの商品を購入すれば良いと思います。

 

ちなみに私が水素水を選ぶ主な基準は以下の通りです。

●到着1ケ月後に自分で測定した水素濃度が1.2ppm以上のもの
●アルミパウチのプラスチックキャップに水素が抜けない工夫がしてある
●水にクセがなく飲みやすい

 

飲みやすい水を使っている水素水を選んだり特典やポイントがたくさん付く商品を選ぶなど、自分好みのメーカーを見つければ良いと思います。