糖尿病と水素水の効果

京都にある糖尿病専門クリニックの「梶山内科クリニック」では水素水の飲用を推奨されています。

 

梶山内科クリニックの糖尿病予備軍の患者さん6人に臨床実験に協力してもらい、8週間ほど1日に300mlの水素水を1日に3度飲んでみてもらったところ、6人全員の血糖値の数値が下がり、その内4人の数値は正常化したそうです。
(太田成男教授著書「水素水とサビない身体」より)

 

水素水を飲むとインスリンの効きがよくなるようになり、結果的に血糖値の数値が下がるようです。

 

インスリンは血糖を下げる働きを持つ唯一のホルモンです。膵臓で作られ、血液によって全身に運ばれます。

 

高血糖、高血圧、高脂肪などの生活習慣病はインスリンが効かなくなること(インスリン抵抗性)で引き起こされるので、水素によってインスリン抵抗性を弱める事で症状が改善すると考えられます。

 

そのため、梶山内科クリニックでは患者さんなどに積極的に水素水を薦められているそうです。

 

糖尿病は重症化すると体(細胞)を滅ぼす怖い病気です。糖尿病で一番恐ろしいのは合併症です。
いくら水素を毎日体に摂り入れたとしても、糖質の多い食事(間食)を続けていたり過度のストレスなど生活習慣が悪ければ水素の効果は発揮されません。
(「水素の効果を発揮する生活習慣」参照)

 

糖尿病を防ぐために

糖尿病患者は予備軍を含めると全国に200〜300万人いるとされています。

 

健康な人であれば身体に糖が入ってくるとインスリンが分泌されてエネルギーに代えたり脂肪に変換して蓄えたりするのですが、糖尿病になってしまうとこの機能が失われてしまいます。

 

糖尿病を防ぐためには水素水を飲むだけでなく生活習慣の見直し、特に食生活の改善は重要です。

 

昔と比べて今の食材は甘く品種改良されたものが多く、米は甘くふっくらとした品種が開発され、野菜も甘いフルーツトマトなどが店頭に並んでいますよね。

 

これらの食品は美味しくて食べやすいのですが、甘いという事は当然糖分も多くなります。

 

食生活が欧米化していると言われますが、パンケーキやジュースなどにも当然砂糖がたっぷりです。

 

亡くなった祖母が「白い砂糖は毒」だとよく言っていましたが、白く精製された砂糖というのは製造の過程でたくさんの薬品が使われています。
砂糖は体に入ると血糖値を急激に上昇させたり、ビタミンB1欠乏を招いたりします。

 

日本人は遺伝的にインスリン分泌が弱い人が多いといわれていますが、高脂肪の食事や過食など食生活の悪化によっても糖尿病は発症します。

 

糖尿病は悪化すると糖尿病網膜症などにより最悪の場合失明したり、動脈硬化を起こして血流障害が起きると組織が壊疽(えそ)してしまいます。

 

糖尿病を悪化させないためには普段の生活に水素を摂り入れるだけでなく、生活習慣(特に食生活)を改善することがとても大切です。

 

 

「昔ながらの和食が良い」と言われますが、改めてそうだなと思います。

 

水素水でダイエット」の記事でも書いていますが、私も普段から和食中心の生活を心掛けるようになりました。特にお菓子などの甘いものは昔に比べて食べる量をかなり減らしました。

 

水素水に出会った事が食生活を見直すきっかけになりました。

 

食生活を改善することで健康寿命を延ばして出来るだけ長く健康に生きたいものです。