効果のある水素商品選び

水素水の選び方|水素水ガイド

 

「水素」と名の付く商品はたくさんありますが、太田教授の「水素水」とは水に「水素ガス」を溶け込ませたものです。
(水素発生素材などはまた別です)

 

以下の名前が付く商品は自分の研究している水素とは全く無関係だとご自身のサイト「太田成男のちょっと一言」で明言されています。

 

活性水素
マイナス水素イオン
プラズマ水素
水素吸蔵サンゴ
水素吸蔵ゼオライト
電解還元水

 

例えば「電解還元水(活性水素水)」は電気分解により水素を発生させますが、水素濃度はごく微量なもので多くの商品は水素濃度が記載されておらず、水素の研究対象になっていません。

 

また、電気分解を行う電極を水に浸すため衛生面にも気を付けなければいけません。

 

「天然活性水素水」として有名な日田天領水も「水素水」ではありません。
(日田天領水の水素濃度については「日田天領水の水素濃度測定結果」をご覧ください。)

 

水素濃度が十分でなかったり質が悪い商品は購入しないように気を付けたいですね。

 

水素濃度の単位と容器について

水素水の商品を選ぶ上で大事なのは濃度と容器です。

 

まず濃度ですが、水素水を飲む上で必要な濃度は0.8ppm以上が目安といわれています。

 

ですので、水素水を選ぶ時には水素濃度が0.8ppm以上のものを選ぶようにしましょう。

 

ちなみに水素は常温常圧時では1.6ppmしか水に溶けません。
(※「常温」とは約25度くらいです)

 

水素水の水素濃度単位としてよく使われている「ppm」ですが、「ppm」とは「parts per million(パーツ・パー・ミリオン)」を略したもので、100万分の1ということです。

 

つまり、1.0ppmであれば、1.0ppm=0.0001%(1mg/L)ということですね。

 

大きな病気がある訳ではなく、健康やダイエット目的などで水素水を飲むのなら目安の「0.8ppm以上」をクリアしていれば極端に高濃度の水素水を購入する必要はないと思います。

 

水素は大量に摂取しても健康な人であれば病気の人に比べて悪玉活性酸素が少ないため、多くは呼気として排出されてしまいます。

 

水素は体内に長時間貯めておくことができないのです。

 

そのため、水素水を飲む場合にはできるだけ毎日継続して飲むことが必要になります。

 

次に容器についてですが、水素は非常に小さな分子なので、アルミ以外の容器だと簡単に通り抜けてしまいます。

 

ペットボトルの容器だと買って飲むころには水素が抜けてなくなってしまっています。
また、アルミボトルタイプの商品もアルミパウチに比べると飲み口の辺りの空気の部分に水素が抜けやすいので注意しましょう。

 

水素のたっぷり入った水素水を飲むためにはアルミパウチ型の容器のものを選びましょう。

 

水素水の会社選び

 

水素水はたくさんの会社が販売しているので「どの水素水を選んだら良いのか分からない・・・」と迷ってしまいますよね。

 

会社を選ぶ際の最低限の基準は水素濃度がきちんと明記してあることと、水素が抜けにくい容器(キャップ)を採用(開発)をしていることです。

 

充填時の濃度の表記は会社によってばらつきがありますが、充填時と飲む時の水素濃度は違いますので、見た目の濃度表示だけに惑わされないように慎重に選ぶ必要があります。

 

最終的には自分好みの味の水素水を見つけて飲み続けるのが良いです。

 

ちなみに水素は食品添加物として厚生労働省に認可されていますので、安心して水素水を飲むことができます。

 

→水素水の効果的な飲み方