サラスバのレビュー

サラスバのレビュー|水素水比較

 

サラスバの容器の大きさ(量)は500mlです。

 

500mlは1度に飲み切るとちょっとお腹が苦しくなるサイズですが、水素水の中ではよくある標準サイズです。

 

ビガーブライトEXレビューの記事でも書きましたが、500mlはどちらかというとファミリー向けです。「家族みんなで一緒に飲む」という人にはオススメです。

 

サラスバは熊本の水を使っています。硬度は「約80mg/L」と表記されているので一応軟水(中硬水)ですね。(0〜100mg/Lまでが軟水とされています)

 

今回は初回限定お試しセットを購入してみました。

 

サラスバ購入体験談

サラスバ初回限定お試しセット10本を購入してみました。

 

サラスバは初回限定お試しセットだと10本セット単位で最大50本まで購入できます。
初回限定お試しセットは1本あたり198円(税込)で飲めます。

 

10本セット・・・1,980円(税込)
20本セット・・・3,960円(税込)
30本セット・・・5,940円(税込)
40本セット・・・7,920円(税込)
50本セット・・・9,900円(税込)

 

 

初回限定お試しではなく「初回から定期便」に申し込むと
50本8,500円(税込)で、1本当たり170円(税込)とさらにお得に購入できます。(送料・代引き手数料無料)

 

定期コース2回目以降は本数を10本単位で指定できます。(10本、20本、30本、40本、50本の内いずれか)

 

個人の生活スタイルによって1ケ月に飲む水素水の本数は違うので、好きな本数を選べるというのは良いですね。

 

サラスバを購入した際、「お友達、お知り合いにおすすめください」というハガキが同封されていました。

 

水素たっぷりのおいしい水や浸みわたる水素水のように友達紹介特典や割引があるのかと思いましたが、ただ「紹介して下さい」というだけで紹介特典(割引)はないようです。

 

サラスバには水道水が使われている

サラスバを飲んだ瞬間、喉に少し違和感を感じました。

 

最初は「硬度が高いから硬水っぽくて飲みにくいと感じるだけかな?」と思ったのですが、気になったのでサラスバのHPを見てみましたが「熊本の水」としか記載がなく、熊本のどこの水を使っているのかが分かりませんでした。

 

製造過程のページで「特殊セラミックと活性炭のフィルターを通して、異物混入防止と95%以上の塩素除去」をしていると書かれてありました。

 

天然水には通常塩素は含まれていないので、「もしかして水道水が使われている?」と気になってサラスバへ問い合わせたところ、やはり「熊本市の水道水を使っています」との回答でした。

 

水の都である熊本市は水道水の100%を地下水でまかなっている「地下水都市」とも呼ばれています。地下水のため、他県の水道水に比べるとPM2.5や土壌汚染などの心配はないそうです。

 

水質検査は専門業者に依頼して定期的に行っているようです。(公式HP上に検査結果を公表しています)

 

水道水は天然水より水質基準が厳しいので安全性に関しては全く問題ありませんが、水道水なので塩素は含まれています。

 

「フィルターを通してカルキ臭や塩素を除去している」との事なのでより安全な水にはなっているようです。

 

サラスバの水素濃度測定

サラスバの水素濃度を測定してみました。

 

サラスバはアルミパウチ容器に水素濃度表記をしていません。
(購入の際に同封されていたパンフレットには製造より4ケ月後で約0.8〜1.2ppmと記載あり)

 

容器には酸化還元電位のみ表示しています。
(酸化還元電位については水素水の酸化還元電位とはの記事をご覧ください)

 

濃度判定試薬は1滴=約0.1ppmの水素と反応して青色から透明に変化します。

 

(濃度測定の詳細についてはこちらの記事参照→当サイトの水素濃度測定について

 

【試薬による測定】

 

●製造日・・・1/3

 

<到着時>1/9
1パック目:10滴で青(約1.0ppm〜)
2パック目:10滴
3パック目:12滴

 

<製造1ケ月後>2/3
1パック目:10滴
2パック目:9滴
3パック目:11滴

 

<製造2ケ月後>3/3
1パック目:9滴
2パック目:9滴
3パック目:9滴

 

サラスバは到着時に1.0ppmと他のアルミパウチ型水素水に比べると低い水素濃度でした。

 

ですが製造1ケ月後は到着時とほとんど変わらない水素濃度を保てていました。

 

製造2ケ月後は0.9ppm前後まで下がってしまいましたが、水素濃度の目安である「0.8ppm以上」はクリアしています。

 

【専門機関の水素濃度測定器による測定】
サラスバの濃度測定結果は濃度測定サービスのHPに公開されていなかったので自分でサンプルを送って測定してもらいました。
測定してもらったサンプルは製造から1ケ月近く経ったものです。
(詳しくは水素水の濃度測定依頼の記事をご覧ください。)

 

計測結果の詳細は記載できませんが、私が到着1ケ月目に試薬で測った濃度より0.2〜0.3ppm高いという結果でした。

 

サラスバ以外の水素水は試薬と測定器の濃度測定の差が0.0〜0.2ppm以内だったのですが、サラスバだけは試薬と測定器の濃度測定結果に0.3ppm前後の差がありました。

 

口コミのメリットとデメリット

サラスバの良い口コミ(メリット)と悪い口コミ(デメリット)をまとめてみました。

 

【サラスバのメリット】

 

おいしい水・癖がなくて柔らかい

 

むくみがとれ、肌のツヤが良くなった

 

二日酔いになりにくい

 

便通が良くなった

 

花粉症の症状が軽くなった

 

体重が2キロ減った

 

持病の関節炎の症状が和らいだ

 

二日酔い、お通じ、花粉症については水素水が効果的というのは有名な話で、実際に私も水素水を飲み始めて効果を感じました。
(「便秘の効果体験談」、「水素の二日酔い防止の作用」、「花粉症と水素水」)

 

持病の関節炎の症状が和らいで嬉しいという口コミもありました。水素には抗炎症作用もあります。

 

水素は悪玉活性酸素を除去(酸化防止)してくれますが、体の酸化と炎症の作用は密接に関わり合っているため、水素には抗炎症作用もあります。

 

抗炎症作用に関しては水素の効果を発揮する生活習慣の記事の「炎症を抑える」の項目をご覧ください。

 

【サラスバのデメリット】

 

500mlはちょっと多くて飲み切るのが大変

 

パウチがちょっと臭う

 

飲んだ時喉に刺激を感じる

 

他の水素水とは違いイマイチな感じ

 

効果が感じられなかった。他メーカーの水素水では効果を感じられた

 

トイレが近くなった

 

パウチの容器臭が多少するのはアルミパウチ型水素水ではどのメーカーでもよくある事です。

 

ちなみに私が「パウチの容器臭が一番少ないな」と感じたのは浸みわたる水素水でした。

 

「トイレが近くなった」という口コミもありましたが、水素は体に入ると活性酸素と結びついて水に還元するため、普通の水を飲むのに比べるとトイレが近くなります。
水素水の効果的な飲み方参照)

 

 

サラスバは初回お試しがお得に購入できるので興味のある方はサラスバ公式HPでチェックしてみて下さい。